新しいテキストに突入しました。

f0188075_00344673.jpg
大学の端っこの方で中国語の勉強を続けて、ハヤ半年。ついに先週から新しいテキストに突入しました。


私は、日本人が多く暮らすサービスマンションに住み、もちろんここの暮らしで言葉の問題はほとんどない。ここのスタッフはほとんどの人が日本語がわかる。また、旦那の会社の方はこれまたほとんどが日本語が堪能な方たち。大学は日本語専攻だったとか、日本に留学していたとか。

こんな暮らしで私が中国語に触れる機会は、少ないのだ。でも、一方で外出すると、そこは中国語しかほとんど通じないのだ。

日本語堪能なスタッフに囲まれ、問題なく暮らしてはいるけれど、もっとローカルな暮らしを覗いてみたい。もっと色々な事が知りたい。中国国内を旅行したい。ぶらぶらしたい!大学に毎日通うのは、そんな環境の私でも、授業を受ける事で、受け身ながらも中国語シャワーを毎日浴びるのは意味があると感じたからだ。

さて、九月に新しいクラスになってから、授業の速さや先生の喋る速さも早くなった気がする。前のクラスから同じクラスだった同学はとても優秀で、付いていけてない気がして、予習していくのだけど、それでもなんかよくわからない。んーコレって自分だけかも??アタマが痛いわ(*´ー`*)

そもそも座学に追われて、コトバが出てこない境地に追いやられている。うん、これも自分の問題なのだけど。

若い学生は飲み込みが早いなぁと、羨ましくも思う。いや、若さだけではないよね。うーん、私がナニなんだろうなぁきっと。。。考えちゃう。でも、考えているヒマないから頑張るしかない。とにかく今期の授業は1月上旬まで。当面、そこまでは精一杯やろう。その後のことはまたゆっくり考えよう。

by momoteki1 | 2019-11-07 00:34 | 中国無錫生活 | Comments(0)